サプリメントとわたし

わたしはこれまで、健康や美容のために様々なサプリメントを試してきました。

ビタミン、カルシウムといったよく聞く身近なものから、説明を読んでもなんのことだかわからない成分のものまで飲んできました。

その度にわたしが感じるのは、サプリメントというのは本当に効果がでているのか、実感がわかないという思いです。

風邪をひいたからといってビタミンCのサプリメントを飲んでも、早めに風邪が治ったことはありません。

カルシウムのサプリメントを飲んだからといって、骨が丈夫になったかどうかなんて自分ではわかりません。そういった理由から、次第に積極的にサプリメントを摂ろうという思いが、いつも薄れてきてしまいます。

さらに、サプリメントは色々な会社が出しているため、どれを選んだら一番いいのかわからないという疑問もあります。値段が安すぎると飲むのが怖く感じられ、高いと続けられないので非常に悩ましい問題です。

そういった理由から、わたしはいつも中途半端にサプリメントと付き合ってきました。しかし、これほど世の中にサプリメントが溢れているということは、飲むことでなんらかの効果を感じ、飲み続けている人もいるということだと思います。

わたしももっと継続して飲んでいれば違っていたのかもしれないな、と自分の飽きっぽさを若干反省しています。

余談※種類がありすぎてどうしていいかわからない

健康や美容のためのサプリメント、ものすごく種類があります。

美白一つをとっても、Aの成分やBの成分、かと思いきやCの成分…。
すべてを摂取しようと思ったら、一日かかっても摂取しきれないくらいの量になってしまいます。

ちょうど私は今子供の授乳が終わったので、美白のサプリメントを探しているところです。

いったいどういうものがあるのか、インターネットで探しているのですが、もう、頭が飽和してしまって、絞り切れないのです。

じゃあどうやって最終的に決めようかな、と思うともうフィーリング、それしかないような気がします。

自分のアンテナに引っかかったもの、自分が良さそうだと思ったものが一番効果も発揮するのではないかと思うのです。

私のアンテナに引っかかったサプリメント、どうやらジェネリックも出ているようなので、思ったより安く続けられそうです。

そう、サプリメントは継続しないといけないですから、アンテナに引っかかると同時に価格もものすごく重要になってきます。